ゆっぴーネット

活動レポート

NO.25 神石高原町教育委員会・青少年育成神石高原町民会議の「みんなで走ろう体験教室」をご紹介します。

■イベント名

091028_25_01.jpg

みんなで走ろう体験教室

トップアスリートに学ぼうDAY 「みんなで走ろう体験教室」

■目的

各種目を専門とする者の技術向上を目指すものではなく,トップアスリートの豊かな経験と卓越した技術のもと色々な種目を体験し,指導を受けることにより,スポーツに対する夢や希望,スポーツが好きになるきっかけを作り,日常生活でもスポーツに親しむ態度習慣を身に付けさせることを目的としました。また,受付では「薬物乱用防止」また「あいさつ運動」を呼びかけました。

■実施時期

平成21年10月17日(土)

■場所

神石高原町立三和中学校

■参加者(構成・人数)

小・中学生75人・高校生6名・保護者・指導者30人

■実施メニュー

【中学生】

  1. ウォーミングアップ
    軽く校庭をジョギング
  2. 体操,ストレッチ
  3. 補強運動(2人組み)
    馬とび,おんぶ,手押し車,など数種類行う(器具不要)
  4. 091028_25_02.jpg

    中国電力の佐藤敦之選手の指導を受ける子どもたち

  5. 流し
    100m×3本
  6. ハードル走
    100m×3本(ハードル9台必要です)
  7. ダッシュ
    50×3本
  8. エンドレスリレー
    200m(校庭1週)×5本×2セット
    (4人組で5回繰返し走るを2回行う)
  9. 体操,ストレッチ

【小学生】

  1. 鬼ごっこ(「ドロボウと警察」形式)
    トラック使用
  2. 変形ダッシュ5種目
  3. 馬とび(2人組)
  4. 走りのドリル3種目
  5. ミニ駅伝(6人1チーム)
    2レース(タスキ10本必要)
  6. 子供たちからリクエストがあれば,どれだけ早くなったか,
    100m計測
  7. 体操

■ここが自慢!

中国電力陸上部佐藤敦之選手(2009ベルリン世界陸上マラソン日本人最高6位入賞・ハーフマラソン日本記録保持者)・佐藤美保選手(女子800m・女子1000m日本記録保持者)より熱のこもった指導をうけることができました。

■企画で工夫した点・苦労した点

陸上競技を専門でしている子どもだけでなく,陸上競技未経験の子どもも一緒に体験をしました。また受付での啓発活動や練習には地域の県立油木高校の陸上部が協力してくれました。この年代をこえた連携を次に繋げていきたいです。

■参加者の様子・感想

091028_25_03.jpg

佐藤美保選手から指導を受ける子どもたち

世界の舞台で活躍している選手より指導を受けることができとても楽しかったです。

■実施した感想(主催者として)

広島県体育協会 堂本さん・中国電力陸上部コーチ川久保コーチなど多くの方の協力によりこの機会を待たせていただきました。佐藤選手はとても丁寧に指導してくださいました。

「結果だけにこだわらず,あきらめずに力を出し切ることの大切さ」を世界陸上の経験を交え話してくださいました。とても良い講習会となりました。ありがとうございました。

■その他,今後の取組やPR事項など

ひとりでも多くの人がスポーツの楽しさを体験できる場を多く持ち,感動できる場を多く作りたいです。

■主催者

神石高原町教育委員会

■協力・連携団体

青少年育成神石高原町民会議

■連絡先

神石高原町教育委員会教育課
TEL:0847-89-3344

掲載日:2009年10月28日