ゆっぴーネット

活動レポート

NO.23 広島アウトドア研究会さんの「パイオニアキャンプ2009」の様子をご紹介します。

■イベント名

091022_01.jpg

深山峡で川遊び

パイオニアキャンプ2009

■目的

自然の中での長期生活体験を通して、「生きる力」を育む。

  • 物質的に不便な環境の中での生活体験を通して創意、工夫する力を育む。
  • 共同生活を通して仲間や友達の大切さ、家族のありがたさを感じる心を育む。
  • 自然の中での生活を通して、自然に対する敬虔の念を育む。
  • ひとつのことを最後までやり通した達成感を味わわせる。
  • 様々な野外技術を身につけさせる。

■実施時期

平成21年8月6日(木)~平成21年8月12日(水)

■場所

杉の泊ホビーフィルド

■参加者(構成・人数)

広島市内に在住または通学している小学4年生~中学3年生の児童・生徒60名

091022_02.jpg

ヤマメは自分でさばきます

■主催者

広島アウトドア研究会

■当日のプログラム

野外炊事(ダッチオーブン料理、鉄板料理など)、キャンプファイヤー、ヤマメのつかみ取り、薪作り、ドラム缶風呂、ネイチャークラフト、ソロ体験、天体観測、深山峡川遊び、草木染による記念Tシャツ作り等
キャンプで使用している洗剤を通しての環境教育
各種野外技術の修得(危険な動植物への対応の仕方、ロープワーク、オーニング設営、テント設営、火のおこし方、 刃物の取り扱い方、刃物の研ぎ方等)

■ここが自慢!

何といっても我がキャンプの目玉プログラムは「ソロ体験(無言の夜体験)」でしょう!

このプログラムはキャンプの4日目に、一人用テントに「食料・本・お手紙セット・寝袋・ロールマット・懐中電灯・家族からのお手紙」だけをもって入り、一晩を誰とも話をせずひとりぼっちの夜を体験するプログラムです。約束は三つだけ。「ひとつめ、翌朝8:30までは誰とも話をしないこと、ふたつめ、家族へお手紙を書くこと、みっつめはおむすびだけは今晩のごはんにして翌朝に持ち越さないこと」これだけです。

家族と離れて4日目、ひとりぼっちで読む家族からのお手紙は子どもたちに大きな感動を与えます。おうちの方には、あらかじめ普段なかなか口にできないこと(例えば、子どもが生まれたときの喜びや、名前に込めた思い等、いつもは怒ることが多い日々だが子どもをいかに愛しているかなど)を手紙に託していただいています。

また、この手紙を読んでから書く「家族へのお手紙」も素晴らしいものらしく、多くの保護者から喜びの感想をいただいています。

もう一つ!自慢を。今年は猪が捕れたので、参加者のみなさんにたっぷりと猪汁と猪の焼き肉を食べていただきました。お願いはしているものの、毎年は手に入らない猪肉、今年は堪能しました。

■企画で工夫した点・苦労した点

091022_03.jpg

キャンプ大成功!

インフルエンザ流行の心配があり、こういった集団生活プログラムの実施をすべきかどうか、また途中で罹患者が確認された場合の措置などについて幹部で頭を悩ませました。

対応として、消毒アルコールの設置や使い捨てマスクの準備、各班へ体温計を配布し毎日の検温、健康観察を行うなどこれまでにはない準備と対応が必要でした。

■参加者の様子・感想

ホームシックや発熱なども少々ありましたが、日を追うごとに子どもたちは元気になり、自分のことが自分でできるようになると共に、保護者に対する感謝の念を感じる子どもたちが多くいました。ご飯が出てきて当たり前、茶わんを洗ってもらって当たり前の子どもたちがその全てを自分でやることを通して誰に言われるでもなく自然に感謝の念が感じられたようです。

事後アンケートでも参加者の高い満足度をいただき、来年度も是非参加したい、将来はスタッフになりたいという声もたくさんいただきました。

■実施した感想(主催者として)

広島市教育委員会主催のキャンプを引き継いで8年目、毎年よくやるなあと年老いた自分たちに感心すると共に、若いスタッフ達(キャンプの卒業生達も多くいます!!)がこのキャンプを支えてくれ、大変頼もしくそして嬉しく感じています。スタッフみんなのボランティア精神に感謝!!それを支えているのはやはり参加者=子どもたちの笑顔です。我々にとってこれは何物にも代え難い大切な宝物です。その笑顔が見たくて我々はまた、これからもキャンプを続けていくことでしょう!

■その他,今後の取組やPR事項など

今年から若者スタッフの提案により、年一回の夏キャンプにとどまらず、スタッフ養成の意味も込めて、夏キャンプの参加者を対象に秋のファミリーデーキャンプ、冬季キャンプなどを計画しています。

■連絡先

アウトドア研究会 本計 正彦
TEL:080-5231-9900

掲載日:2009年10月22日