ゆっぴーネット

活動レポート

NO.15 子どもの体力向上地域連携協議会・神石高原町教育委員会さんのトップアスリ-トに学ぼうDAY「バレーボール体験教室」をご紹介します。

■イベント名

トップアスリートに学ぼうDAY「バレーボール体験教室」

■目的

090303_01.jpg

各種目を専門とする者の技術向上を目指すものではなく,トップアスリートの豊かな経験と卓越した技術のもと色々な種目を体験し,指導を受けることにより,スポーツに対する夢や希望,スポーツが好きになるきっかけを作り,日常生活でもスポーツに親しむ態度習慣を身に付けさせることを目的としました。

■実施時期

平成21年2月21日(土)

■場所

神石高原町油木体育館

■参加者(構成・人数)

小・中学生75人 高校生7人 指導者・保護者40人
神石高原町内だけでなく庄原市東城町からも参加者がありました。

■ここが自慢!

090303_02.jpg

元日本代表のセッター(元JTバレー部)下村英士さんを講師に迎え,直接指導をうけました。

下村英士さん 1959年生まれ。
大阪学院大学卒業後,1982年に日本専売公社中国支部に入社。1983年ユニバーシアード大会に出場。アジア選手権大会にて優勝。1984年日本リーグスパイク賞受賞。ロサンゼルスオリンピック出場。1985年ワールドカップ出場。1998年JTバレーボール部退部。それと同時に全日本ジュニア男子監督に就任。2000年JTバレーボール部に現役復帰(コーチ兼任)。2000年・2001年Vリーグ準優勝。2001年黒鷲旗優勝。2002年JTバレーボール部退部。同時に(財)広島県バレーボール協会強化委員長に就任。2007年より(財)広島県バレーボール協会専務理事。中国放送解説者としても活躍中。

090303_03.jpg

■企画で工夫した点・苦労した点

バレーを専門でしている子どもだけでなく,野球,サッカーを普段行っている子どもも一緒にバレー体験をしました。また補助員として地域の県立油木高校のバレー部に依頼しました。子どもに教えるということは高校生にとってもよい経験になったように感じました。

■参加者の様子

「バレーをもっと好きなりました。」「練習してもっとうまくなりたい。」「バレーを始めてみたい。」という子どもの感想でした。

■実施した感想(主催者として)

本年度,神石高原町の油木中学校女子バレー部が部員7名で広島県大会を準優勝で突破し,先日2月15日に山口県でおこなわれた中体連の中国地区大会で見事3位入賞しました。体験教室にはその生徒たちも参加していました。一緒に参加した小学生もその先輩に続いてほしいと感じました。

今回,JTバレー部さん,広島県体育協会の堂本さん,油木高等学校のバレー部のみなさんにとてもお世話になりました。

090303_04.jpg

■その他,今後の取組やPR事項など

ひとりでも多くの子どもがスポーツの楽しさを体験できる場を多く持ちたい。特に今スポーツを定期的に行っていない子ども,スポーツが苦手な子どもが,スポーツをはじめるきっかけ作りを心掛けたい。

■主催者等

子どもの体力向上地域連携協議会・神石高原町教育委員会

■ 協力・連携団体

青少年育成神石高原町民会議

■連絡先

神石高原町教育委員会教育課
TEL 0847-89-3344

掲載日:2009年3月3日